いまからはじめるアイドリッシュセブン

いまからアイドリッシュセブンを始める人向けにストーリー関連のまとめを作成しました。アプリとスピンオフにわけて紹介しています。また、今回はストーリーに的を絞っているのでCDなどの音源系、オフィシャルブックなどのイラストメインの書籍、1冊あたりの情報量が少ない雑誌記事などは意図的に省きました。

※ 2019/02/11追記:スピンオフ以降の記事を書き足しました!

アプリ

アイドリッシュセブンはスマートフォンのアプリとして提供されています。
下記の公式サイトから無料でダウンロード出来るので、興味があるけれどまだインストールしていないという人は、まずはアプリをインストールするところから始めてください。

アイドリッシュセブン公式ページ

メインストーリー

このアプリのメインコンテンツ(おそらく)である 都志見文太先生 によるメインストーリー。アプリを始めると強制的に読み始めることになる上、突然バスケが始まるのでいきなり人を選びますが、とにかくこれをみ進めてください。

現在は第3部まで配信中、2019年02月中に4部の配信が始まります。

サイドストーリー は○部をクリアすると追加されるストーリー。現在は第1部の途中の章まで配信されています。 今後第2部以降にも追加されていくのかどうかは今のところ不明です。

アニメ

メインストーリー第1部はアニメ化されていて、第2期の制作も決定しています。

◆ アニメ アイドリッシュセブン公式サイト

現在第一話はYouTubeで見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=OebSMXbkUkU

配信しているサイトはいくつかありますが、例えばAmazonビデオでは1話と2話を無料でレンタル可能、それ以降の話は都度課金で見ることができます。

◆ アニメ アイドリッシュセブン(Amazonビデオ)

DVD、Bl-ray全7巻も発売中です。

アニメ(YouTube Premium)

また、TVアニメスピンオフシリーズ「Vibrato」 もYouTube Premium(有料サービス)で配信中です。2019年1月17日から毎月7のつく日に配信予定で、現在4話まで配信されています。

有料サービスに興味のない人もトレーラーだけでも見て欲しい出来です。

https://www.youtube.com/watch?v=kMOI8WVGpjM

https://www.youtube.com/watch?v=6n_SnytwKR4

特別ストーリー

メインストーリーをちょっと進めると一気に読めるようになるのが特別ストーリー。すぐに読み始めることができますが、ある程度キャラクターがわかるようになってから読んだ方がおもしろいものも多いので、個人的にこの辺りで読むといいんじゃないかな、と思った箇所を記載しました。(あくまで個人の感覚なのでこの限りではありません。)

○周年記念ストーリー、年末年始ストーリー

○周年記念ストーリー、年末年始ストーリーはメインストーリーと同じく都志見文太先生執筆。本編に沿った内容になっているので、ある程度メインストーリーを進めてから読まないとメインストーリーのネタバレを受けることになります。気になる方は上の画像を参考にしてみてください。

特別ストーリー

ŹOOĻ特別編である「拮抗のクォーター」も都志見文太先生。第3部のあとに配信されたものなので、目安はその後としています。「第3部前に読んでおきたかった」という感想もちらほら見ているのでここは自己判断でどうぞ。特にこだわりがなければ作中の時系列的にもネタバレ的にも第3部のあとで良いと思います

イベントストーリー

イベントストーリーは他にもありますが、大型の企画である「MECHANICAL LULLABY」と「星巡りの観測者」のみ記載しました。

MECHANICAL LULLABY 特設ページ

星巡りの観測者 特設ページ

https://www.youtube.com/watch?v=IdYXAU6XGAE
星巡りの観測者 PV

また、「MECHANICAL LULLABY」、「星巡りの観測者」ともに同時期に発売された一番くじにストーリーを補完するブックレットがついていました。現在は手に入りづらいものになりますが補足までに。

イベントストーリーの回収に関しては、現状復刻イベント待ちになります。

ラビチャ・ラビテレ

カードに付属しているストーリー。
カード詳細の矢印の部分をクリックするとストーリーを選択できます。

ちなみにカードにはラビチャ・ラビテレ付きのもの以外にプチナナ衣装付きカードブローチつきカードなどもあるため、ラビチャ・ラビテレ目当てでガシャを引く場合は引く前にカード詳細を確認すると安心。

ラビチャ

原則5話(1話のみ、3話のみのものもあります)。キャラクターとのLI○E風のやりとりが見られるもの。カードの親愛度に応じて話が解放されていきます。5話目は親愛度100%かつ、レベルを55以上にする必要があるので注意。

ラビテレ

原則3話。ショート(?)ストーリーがついているもの。ボイスはありません。ラビチャ同様にカードの親愛度を上げると話が解放されます。これも3話目は親愛度100%かつ、レベルを55以上にする必要があります。

CAUTION

※ここから先のスピンオフ作品の紹介にはアプリ内のメインストーリーのネタバレが含まれています。致命的な記述は避けていますが、公式が使用している書影、紹介文程度のネタバレはしていますので、気になる方は読むのをお控えください。

スピンオフ

小説(著:都志見文太先生 )

メインストーリーを担当している都志見文太先生による小説。
本編により深みを持たせるサイドストーリー的な役割が強く、個人的にはアイドリッシュセブンのストーリーが好きな人は絶対に読んだ方がいいと思っています。

流星に祈る

流星に祈る」にはIDOLiSH7やMEZZO“の日常風景、学園祭でのライブの話に加え、TRIGGER結成時の話が収録されています。

また、TRIGGER結成秘話は前述したアイドリッシュセブン Vibratoでアニメ化されています。おすすめ。

https://www.youtube.com/watch?v=VDFVny2_hzI&list=PLKPsuBIKuejPW5LhKsMO287VuM-p11lPM&index=2&t=42s

アイドリッシュセブン Re:member

アイドリッシュセブン Re:member」に収録されているのは二部から登場するRe:valeの過去の話。アプリのメインストーリー第2部の話を踏襲しているので、読むのはアプリ本編の二部を読んでからがおすすめ。

小説(佐々木禎子先生)

小説アイドリッシュセブン アイナナ学園

アプリ内で実装されているアイナナ学園のラビチャを元に(?)書かれた佐々木禎子先生の小説。
アイナナ学園のカードは恒常(大体いつ引いても出る) Rカードで、フレンドポイント召喚からも排出されるので、アプリ内のラビチャもあわせて読むのがおすすめ。

コミック(種村有菜先生)

都志見文太先生 の小説をキャラクター原案である種村有菜先生がコミック化したシリーズです。

小説の内容をしっかり汲み取ってマンガにしてくれているので、小説を読むのが苦手な人はコミカライズだけでも十分楽しめるボリューム感。小説を読んでいてもなお新しい発見があるところがあまりにも天才。

アイドリッシュセブン 流星に祈る ①

アイドリッシュセブン -before The Radiant Glory-

アイドリッシュセブン Re:member ①

「流星に祈る①②」、「TRIGGER -before The Radiant Glory -」は完結済み。「Re:member」は 今もLaLa DX にて連載中で、現在は1巻のみが発売されています。

コミック(山田のこし先生)

アイドリッシュセブン

山田のこし先生によるコミカライズ。
コミカライズオリジナルストーリーがメイン。とはいえアプリ内で時々共通する固有名詞が出たり、ラビチャの内容にリンクしているので(例:冬景色ラビチャ)完全に別の時空の話というわけではなさそうです。後書きなどを見ると、運営側としっかり設定の摺り合わせなどを行っている様子で、信頼度がすごい。

マンガParkでも読むことができますが、単行本には書き下ろしが多く、満足度がとても高いので、つい単行本の購入をおすすめしてしまう作品。

マンガPark

現在は①~⑥巻が発売中です。

PS Vita

アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!

アプリゲームとしてはちょっとめずらしいPS Vita媒体の作品。
育成+音ゲー+ノベルパートで構成されたゲームです。

https://www.youtube.com/watch?v=yetMtmdtUcs

アイドリッシュセブン Twelve Fantasia! 公式ページ

公式サイトを見ると「メインストーリー第2部と第3部を繋ぐ……」とありますが、実際にプレイしてみると第2部後の話ではありますが、第3部に繋がるか……?というとちょっと微妙な感じ。個人的には第3部とは別のルートに進んだパラレルワールドだと思った方がしっくり来るような気がします。

https://twitter.com/Bunta_HARD/status/964673874066460672

メインストーリーの都志見先生はシナリオ構成を担当。

メインストーリーのような重いストーリーは控えめで、 IDOLiSH7とTRIGGERとRe:valeが全国ツアーをするのをひたすら眺める(マネジメントする)ようなストーリー。47都道府県を巡る打ち上げイベント、特定の二人の間で発生するイベントなど、ボリュームは結構あります
ひたすら幸せなアイドル空間を摂取したい人には特におすすめ。

https://www.youtube.com/watch?v=lupO_HCZXJ0

追加コンテンツを購入すると追加エピソードが見られる&「Welcome, Future World!!!」の各アイドルのソロバージョンを聞けます。結構色々こだわって作ったんだな……というのが各所から感じられる作品。

ゲームとしては作業感が強く、音ゲーパートでプレイできる曲数が少ないので、ストーリーを読む以外の部分が思ったよりも退屈に感じるところがあるので、その部分では人を選ぶかもしれません。

個人的にはだいぶ好きなので、今さらですが別途記事にしたいと思っている作品でもあります。実際、サービスが終了したら後に残らないことが多いコンテンツの中で、手元に残るVitaのゲームが出ているってかなり幸せなことなんじゃないかと思います。そういう意味でも是非おすすめしたい作品です。